ハウスビルダーの注意点

ハウスビルダーを選ぶ際気をつけなければいけないのは、大手ハウスメーカーと違って小規模の会社のため経営状態を確認しておくことは重要です。家を建てている最中に会社が倒産してしまってた大変です。地元の銀行に経営状態を相談することもできるので、自分だけではなく第三者から確認してもらうことも考えましょう。

またハウスビルダー選びの最大のポイントは技術力の差です。ハウスメーカーの場合は独自の商品があるので全国的に一緒ですし、最新技術も駆使して性能も信頼も共に高いですが、ハウスビルダーの場合は選ぶ会社によって大きな技術差が生まれることも。依頼する前にしっかりと確認が必要です。モデルハウスがない分、完成した家の見学を行っている会社もあります。完成度の高さや技術を自分の目で見ることができるので参加してみることをお勧めします。家を建てる前に施工例を見ておくことは大事なので、見学会など行っていない会社でしたら、その会社が建てた建物の工事期間や規模、構造が記された「業務実績」という書類を見せてもらえるか確認してみましょう。そしてインターネットのホームページなど良く見ておくこともいいでしょう。新聞に折り込みチラシを入れている会社も多いので目を通してみてはいかがでしょうか。

Pocket

ハウスビルダーの利点

まずハウスビルダーを選ぶ際ポイントとなるのが前述した通りコストパフォーマンスの良さです。モデルハウスなど作らないところが多いので、維持費がかかりませんし大手ハウスメーカーよりも広告費や営業などの人件費も抑えられて、コストダウンに繋がっています。また材料の流通ルートを自社で独自に持っているところが多いので、材料費も安くなります。独自ルートがあるかはチェックしておきましょう。そしてこれも前述したとおり、設計の自由度が高いです。最近流行のDIYなど、自分でも家造りに関わりたいと思っている方でしたら、一度相談してみましょう。了承してもらえる可能性も高いです。融通性がとても高いので、自分で考えたプランを採用してもらえたり、知り合いに頼みたい電気屋さんなどいる時はその旨を伝えると参加させてもらえることも多いです。[関連サイト→名古屋で注文住宅建ててみる / クラシスホーム]

地域に密着したハウスビルダーの強みとして、その土地をよく理解していることが挙げられます。日本全国住む地域によって気候や風土はさまざま。その地域の自然条件や環境にあった家を提案してくれるのはハウスビルダーならではです。長くその場所で暮らしていくのに最適な家作りは重要ですよね。また建てた家の不具合があればすぐ来てもらえる距離にあり、リフォームの際も建てた方に相談できるという地域密着ならではのアフターケアの利便性もあります。

Pocket

ハウスビルダーとは

自分に家族が出来たとき、いずれは持ちたいと夢を見るマイホーム。もしかしたら人生で一番高い買い物になるかもしれません。家を建てる時、どこに頼みますか?

候補として挙がるのは主にハウスメーカーか工務店だと思います。そこでハウスビルダーを御存知ですか?ハウスメーカーと工務店に分けた場合ハウスビルダーは工務店と同様とされることも多いのですが、細かく分けると少し違います。ハウスメーカーは全国的に展開する大手住宅メーカーのことを呼び、工務店は地域に密着した比較的小規模の建築会社のことを指します。都道府県の中に二、三店舗ほど展開する中規模のものがビルダーと呼ばれ、ハウスビルダーとは工務店に設計事務所の要素も含まれたものを指すことが多いです。ハウスメーカーの場合、モデルハウスや広告費が高く、販売価格も高めになります。また商品として決められたデザインになっていることもあり、家を建てる上で本人の自由に決められる部分が少なくなりますが、ハウスビルダーの場合は工務店と同じように地域密着型であまり広告費などがかかっていないのでコストパフォーマンスに優れ、デザインなども決められたもがなく自分で好きなように要望することができます。またアフターメンテナンスをしっかりとフォローしてくれるところが多いでしょう。

ここからはハウスビルダー選びのポイントとしてハウスビルダーの利点と注意点を詳しく説明します。一生に一度の買い物になる人も多いので、生涯納得のいく家を建てたいですね。

Pocket